埼玉・東京の法律相談は藤原剛法律事務所へ

qrcode.png
http://fujiwara-law.com/
モバイルサイトにアクセス!
藤原剛法律事務所
〒330-0802
埼玉県さいたま市浦和区高砂2-3-4
パークヒルズ高砂308
(浦和駅から徒歩5分)
TEL.048-799-2731
FAX.048-799-2732
 
004285
 

知的財産権でよくあるトラブル

   

他にはないアイデアや発明などは、知的財産となることがあります。しかし、知的財産は形がないため、権利があいまいになってしまいトラブルに発展することが多々あります。

知的財産権はトラブルが起こりやすい

知的財産権はトラブルが起こりやすい

形のない知的財産だからこそ、見聞きなどでアイデア・発明を簡単に盗まれてしまうトラブルの可能性があります。アイデアが盗まれてしまうということは、本来であれば知的財産権を持つ人が手にするはずだった、利益なども盗まれてしまうということです。

反対に、販売した商品などに対して、他者から商標権の侵害や不正競争防止法違反などを主張されてしまい、適切な対応や反論が必要になることも考えられます。

知的財産トラブルの例

知的トラブルの例を一部ご紹介します。

知的財産トラブルの例
  • 自社商品の類似品を勝手に販売された
  • 自身の作品が断りなく使用されていた
  • 長年使用している商標・社名を第三者が先に商標登録を行った
  • 他社の商品・HPデザイン等を模倣してしまった

他にも知的財産に関するトラブルは様々なものがあります。例えば、産業財産権を取得する前の商品を安易に第三者に見せてしまったために、その者が先に産業財産権を取得し権利を主張してくる場合などもあります。産業財産権などは、作り出した瞬間に権利が発生する著作権と違い、申請が必要になるので注意が必要です。

知的財産権トラブルは弁護士に相談を

権利を侵害されている場合は使用の停止を求めることができますが、それを実行するためには知的財産権に関する専門的な知識が必要です。また、ご自身が無意識に知的財産権を侵害していた場合、賠償請求などをされることも考えられますので、知的財産トラブルが起こってしまった場合は、早めに弁護士へご相談ください。

早めに法律相談を行うことで、知的財産トラブルを解決するための知識や、対処を行うことが可能です。万が一訴訟に発展した場合でも、弁護士がしっかりサポートいたします。

法律相談は、さいたま市浦和区に構える藤原剛法律事務所へお任せください。知的財産権に関する案件を幅広く取り扱っております。その他、不動産遺産相続に関する法律相談も受け付けております。夜間休日も対応しておりますので、お近くで法律相談をお考えの方、遠方で法律相談をお考えの方も、気軽にお電話にてお問い合わせください。

<<藤原剛法律事務所>> 〒330-0063 埼玉県さいたま市浦和区高砂2-3-4パークヒルズ高砂308 TEL:048-799-2731 FAX:048-799-2732